【辛口採点】sarlisiは効果が出ない脱毛器の代表格

【辛口採点】sarlisiは効果が出ない脱毛器の代表格

Amazonや楽天で低価格で販売されている脱毛器sarlisi。
値段はとっても魅力的ですが、中身を覗いてみるととんでもない悪徳脱毛器だったりします。

こちらの記事では、sarlisiがなぜ効果が無いと言われているのか、詳しく解説いたします。

■この記事を読んで分かること

  • sarlisiの点数
  • sarlisiで脱毛効果が得られない2つの根拠
  • 初心者の脱毛器の選び方

sarlisiは効果がまったく出ない弱小脱毛器。痛みはないが効果もない

脱毛の種類:光脱毛(IPL光脱毛)
最大出力 :最大4.39J
照射範囲 :記載なし

出力  ★★
信頼度 ★
口コミ ★★
効果  ★
照射範囲★★★

光脱毛器sarlisiのスペックはこんな感じ。
9000円ほどの価格で販売されている、低価格の家庭用脱毛器です。

お世辞にも出力が高いとは言えない低性能。
60万回光を照射できるそうですが、弱い出力を何万回打っても毛は死にません

点数をつけるとすれば、50点満点中18点
痛みが少ないのがウリだそうですが、毛を殺せない出力なので痛いわけがありませんよね。
痛みもありませんが、効果もありません。

既にボロクソに叩いてしまっていますが、ここからさらにsarlisiの実用性の無さについて深堀させて頂きます。
sarlisiの熱烈なファンの方は、読み進めないようにお願いします。

sarlisiに脱毛効果が出ない2つの根拠

arlisiに脱毛効果が出ない2つの根拠画像
結論から申し上げますと、sarlisiを使っても脱毛効果は得られません。
僕がこのように効果が無いと言い切る根拠は2つありますので、こちらで紹介していきます。

脱毛出力が低すぎるので毛を殺せない

sarlisiの出力は最大4.39J(ジュール)。
一般的に、毛を永久脱毛する為には最低でも14J程度の出力が必要とされています。

賢い方は2行で気付かれたと思いますが、sarlisiの脱毛出力は永久脱毛に必要な14Jの半分にも満たないのです。
僕は別にsarlisiが嫌いなわけではありません、ただ出力が足りていないから効果が出ないと言っているだけです。

光脱毛器である

sarlisiは脱毛方式としてIPLと呼ばれる方式を採用しています。
IPLはいわゆる光脱毛です。ミュゼなどのエステサロンで使われているものですね。

広い範囲にバシッと光を当てて脱毛効果が得られると言われている方式なのですが、そもそも光脱毛器では永久脱毛をすることは出来ません
これはsarlisiに限らず、有名なケノンやブラウンの脱毛器でも同じです。

脱毛エステサロンでは脱毛行為をしちゃダメだよ、というルールを厚生労働省が作ったので、脱毛エステサロンは毛を殺せない程度の威力しか出せない光脱毛器を使っています。

光脱毛に効果がないのは常識。毛根を破壊しちゃダメと法律で決まっているから



家庭用の光脱毛器は、脱毛エステサロンの脱毛器の威力をさらに弱めて安全性を高めたものです。
これでは効果が出ないことは明白ですね。

家庭用脱毛器で毛を完全になくしたいのであれば、光ではなくレーザーを使っている脱毛器を選ぶ必要があります。

わざわざsarlisiを選んでお金をどぶに捨てる必要はない

わざわざsarlisiを選んでお金をどぶに捨てる必要はない画像
ここまでsarlisiの脱毛器について紹介させて頂きましたが、ここまで読んでくれた方はsarlisiを使っても効果が得られないことを理解していると思います。

60万発照射が可能と、たいそうな数字を並べていてもゴミはゴミ。
コンクリートに60万回水鉄砲を撃っても崩れることはありません

sarlisiを買っても、残念な結果になることは目に見えていますので別の脱毛器を選ぶことをお勧めします。

脱毛器初心者の方は、ちゃんと調べてから脱毛器を選んでみて

脱毛器を買うのが初めてだという方は、どうしても安い脱毛器を探してしまいます。
はじめてのお買い物って怖いですよね。僕もそうでした。

ただ、だからといって何も調べずに値段だけで選んで脱毛器を選ぶのはNG
sarlisiのような脱毛器は、少し知識があれば買わずに避けられるものです。

初心者だからこそ、どういった基準で脱毛器を選べば良いのかを勉強しましょう。
勉強が苦手だ、という人は僕の記事でわかりやすく解説してますので少し覗いていってください。
脱毛出力が強いランキングも用意していますので。

【迷わず選べる】すね毛に使える脱毛器3選。剛毛な足でもOK