光脱毛に効果がないのは常識。毛根を破壊しちゃダメと法律で決まっているから

ライトの画像

光脱毛では抑毛はできても、脱毛することはできません。
こちらでは光脱毛で効果が出ない理由、脱毛できない理由について解説します。

厚生労働省医政局が「脱毛行為は医師じゃないとダメ」と決めている

厚生労働省の医政局は脱毛行為について以下のようなルールを作りました。

脱毛行為等に対する医師法の適用
以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。
用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

読むのが面倒な人向けにかみ砕いて説明すると
「毛の根本を破壊する行為(脱毛行為)はお医者さんじゃないとやっちゃダメだよ」
ということ。
※お医者さんの指示を受けた看護師さんの脱毛行為はOKだそうです。
参考:○医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて 【厚生労働省】

光脱毛はエステティシャンが行っている。医師じゃないので脱毛できない

エステサロンでは「毛が死なない程度の出力」でしか光脱毛を実施できないので、脱毛効果は得られません。
理由は非常にシンプル。エステサロンに医師がいないからです。

一般的に脱毛エステサロンでは医師ではなく、エステティシャンがお客さんの脱毛を行うことが殆どですので、医療脱毛のような効果のある脱毛行為を実施することが出来ません。

医学知識を持たない人が、強い出力で脱毛を行って怪我をさせてしまっては大変ですからね。

もし、脱毛エステサロンにて医師または医師の指示を受けていない人が強力なレーザー脱毛などの脱毛行為を行ったとすれば、警察が登場する事態となります。

もちろん、家庭用の光脱毛器にも効果はない

エステで光脱毛がダメなら、家庭用の脱毛器なら大丈夫なのでは?
残念ですが、家庭用の光脱毛器を使ったとしても脱毛効果は得られません

知識のない一般人でも安全に扱えるように、エステで使われているものよりも更に出力が抑えらえているためです。
有名なブラウン、ケノンといった光脱毛器でも脱毛効果を得るのは難しいというのが事実です。

光脱毛は脱毛というよりも、抑毛や減毛が正しい

男性がグーをしている画像
光脱毛では、毛を無くす「脱毛効果」を得るのは難しいです。
しかし、毛が成長するスピードを遅くする抑毛、減毛効果は少し期待出来るかもしれません。

とはいえ、こちらの記事を読んでいる人の殆どが「脱毛」を目的としていると思うので「光脱毛はやめておこうかな」と思った人は、次の選択肢を探し始めましょう。

確実に脱毛したい人はレーザーやニードル脱毛を行う

「抑毛や減毛じゃダメだ。私は毛を無くしたいんだ」という人は、医療機関(ゴリラクリニックやTBCなど)で実施されているレーザー脱毛やニードル脱毛を受けましょう。

費用はかなり高くなってしまいますが、本格的な脱毛なのでほぼ100%効果が現れます
費用の相場としては、1部位あたり10万円ほどを覚悟しておきましょう。
お金が結構必要になる脱毛法なので、慎重に決めましょうね。

高い費用が用意が難しい人は、光脱毛器ではないものを使って自宅脱毛すればOK

医療機関での高額な脱毛が難しいという人は、家庭用のレーザー脱毛器を買いましょう。

僕のオススメはトリアという脱毛器。
かなりの激痛ですが、照射した直後にも毛が抜ける程、強い効果が得られます。
写真、動画付きの体験談はコチラから見られます。

あなたに合った脱毛を選ぼう

光脱毛に拘らずとも、脱毛にはたくさんの選択肢があります。

  • 高いけど効果の強い医療脱毛
  • 手間だが安い自宅脱毛
  • 殆ど意味のない光脱毛

あなたが「やってよかった」と思えるような方法で脱毛に挑戦してもらえればと思います。

わからないこと、不安なことがありましたら、僕に相談して貰えたらなと思います。
Twitterやメールでもなんでも、大歓迎です。

お問い合わせはこちらまで