【青髭を撃退】男子高校生の髭は自宅で脱毛すべき3つの理由

高校生が着席しているイメージ画像

髭に悩める高校生向け、自宅で髭脱毛をすべき3つの理由について解説しています。
僕の脱毛後の写真も掲載していますので、参考にしてもらえたらなと思います。

■この記事を読んで分かること

  • 自宅で髭脱毛をすべき3つの理由
  • 5ステップで解説!自宅脱毛のすすめ
  • 髭脱毛に使える自宅脱毛器

髭に使える脱毛器を今すぐ選びたい人は、こちらの記事をどうぞ

髭に使える家庭用脱毛器は3つだけ。無意味な口コミに騙されるな

青髭が無くなると学生生活に大きな2つのメリットがある

高校生にとって、青髭は邪魔なものでしかありません。
もしあなたから青髭がなくなったら、どんなメリットがあるでしょうか。

1.同級生の目が気にならなくなってストレスが減る

髭って人によって濃い薄いが別れているので、自分の髭が濃いと「周りにどう思われてるか」つい気になってしまいますよね。
剃っても濃いのがバレてしまう青髭となると、普段から周りの目を気にして多くのストレスを溜め込んでいると思います。
自覚はなくとも「確かにそうかも」と感じる方も多いでしょう。

青髭を無くす事により、あなたのストレスは根本から無くなります。
周りを気にしなくても良いし、人と比べて悲しむこともなくなります
毎朝の髭剃りだって必要なくなります。

2.清潔感が増し女子生徒からの印象が良くなる

女性からの男性の評価の基準は清潔感です。
どんなにイケメンでも、スポーツができても、お金を持っていても汚らしい清潔感のない男はモテません。

青髭も決して良いイメージを持たれる要素ではありません。
逆に、青髭が無くなるだけであなたの清潔感はかなり上昇します
清潔感がある男になり自信がついたことで、女子生徒と話しやすくなるかもしれません。
もしかしたら気軽に話せる女子生徒が増えるかもしれません。

青髭が無くなるだけでも、女性からの評価って結構変わりますよ。

青髭は脱毛でしか消せない。やってはいけない3つの髭処理

ゴリラの画像
まず、青髭は脱毛でしか消せません。

除毛クリームを使っても薄くなる事はありませんし、高級な髭剃りを使っても消えません。
むしろ肌が荒れる一方で、口周りがどんどん汚くなってしまいます。

皮膚の下に髭が生えている限り、青髭は絶対に消えないので、こちらで紹介する髭処理は絶対に行わないように気を付けてください。

1.何度も深剃り、逆剃りを繰り返す

どれだけ深く剃っても、何回剃っても、逆剃りしても青髭は消えません。
お忘れではないと思いますが、髭剃りも刃物です。

切り傷が出来ることもありますし、小さな傷が炎症を起こしてニキビのように見えてしまうこともあります。
髭剃りを使うたび、少しずつあなたの皮膚を削っている事を覚えておきましょう。

2.髭を抜いて処理する

「青髭を無くすには根本を無くさなければいけない」

その通りです。
しかし、髭を抜いて処理する事はお勧めしません。

髭を抜くたびに、あなたの皮膚は大きなダメージを受けます。
抜けた穴から雑菌が入り込み、炎症を起こす事も少なくありません。

毛が皮膚に埋まってしまう陥没毛ができるリスクもありますので、髭を抜いて処理するのは避けましょう。
せっかく痛い思いをして抜いても、少し経ったらまた生えてきますし。

3.除毛クリームを使う

脱毛クリームは、タンパク質を溶かすことで髭を除毛します。
ただ、皮膚の下にある髭の根元までは溶かすことが出来ない為、青髭はなくなりません。
また、皮膚もタンパク質で構成されているので、毛と同様に溶けてしまいます。

青髭は無くならない、皮膚は痛む、結局生えてくる。
良い事は1つもないので、青髭を無くしたい方が除毛クリームを使うのは避けましょう。

高校生は自宅で脱毛すべき3つの理由

3を表す画像
高校生はなぜ自宅で脱毛すべきか。
僕が思う3つの理由をこちらで解説いたします。

病院での脱毛は高い。自宅脱毛なら安く済ませられる

病院やクリニックで髭の脱毛を行うと、高額な費用が必要になります。
効果が強く、良心的な値段で有名なゴリラクリニックさんでも、最低でも約7万円の費用が必要になります。

頬や顎回りの髭も脱毛するとなると、約13万円ほどの費用が必要となります。
自宅脱毛であれば、1度脱毛器を購入すればそれ以上の料金はかかりません。

僕が使っているトリアという脱毛器は4万円で購入できました。
高校生であれば、お年玉を使ったり、1か月アルバイトをすることで無理なく買える金額ですね。

4万円はちょっと怖い、という方は僕の脱毛日記で効果を確認して貰えたらと思います。

保護者の同意が必要ない

病院やクリニックで脱毛を行うとなると、未成年には保護者の同意が必要になります。
つまり、保護者が許可しなければあなたは青髭を無くせないという事になります。

自宅脱毛であれば、保護者の許可は必要ありません。
脱毛器も公式サイトから問題なく買えます。(未成年でも購入できます)
自分の意思だけで脱毛できるというのは嬉しいですね。

髭以外の部位も自由に脱毛できる

家庭用脱毛器は髭にも使えますが、髭以外の部位にも使えます
すね毛、お腹の毛、お尻の毛、陰毛、腕の毛。
いろんな部位を脱毛できます。

当たり前のことですが、脱毛器は1度購入すればそれ以上のお金はかかりませんので、髭以外の脱毛も安い価格で済ますことが出来ます。
足やお腹などの大きな部位は、病院やクリニックで脱毛すると30万円ほどの費用が必要になってくるので、とてもお得ですね。

【簡単5ステップ】自宅脱毛のやり方

数字の5を表す画像
さて、ここから本題。
高校生向けの、自宅脱毛の方法を解説したいと思います。

STEP1.脱毛器を用意する

まずはトリアを用意します。

トリア以外にも家庭用脱毛器はありますが、殆どが「光脱毛器」という出力が弱い物なのでオススメ出来ません。
まず、男性の体毛(特に髭)には効果が無いと思ってください。

STEP2.身体を冷やすものを用意する

氷やアイスノン、チューペットアイスでも何でも大丈夫です。
凍っていて、身体を冷やせるものを用意してください。
火傷予防、痛みを軽減する為に使います。

冷やせればいいので、極端な話ガリガリ君でも良いですよ。

STEP3.髭を剃る

髭を脱毛する前の準備として、髭を剃ります。
深剃り、逆剃りなどをすることなく普通に髭の流れに沿って剃ってください。

髭が伸びたまま照射すると、火傷のリスクが高まるのでこちらの工程は決して飛ばさないように。

STEP4.照射する

用意したトリアのレベルを5に設定し(最大出力です)、髭に押し当てます。
ピッという音と共にレーザーが照射され、毛根に熱が集まり破壊されます。



お母さんにビンタされた時よりも強く鋭い痛みを感じると思いますが、痛いのが正常です、気にしないで行きましょう。
ちなみにレベル5以外では出力が足りず、男性の体毛は脱毛できないと考えておいてください。

STEP5.口周りと冷やし、スキンケアを行う

すべての髭に照射が終わったら、用意した冷たい物を使って照射部位を冷やします。
照射後の肌は軽い火傷のような熱を持った状態なので、冷やす事で炎症を防げます。

冷やし終えたら、保湿液や保湿クリームを塗るなどしてスキンケアを行います。
傷付いた肌を回復させる為に必ず必要なので、怠らないようにしましょう。

ここまでのステップが終われば、あとは待つだけ。
2週間ほどで効果があった髭が抜け落ちます。

僕は初日に効果があった。髭が濃いほど効果が出やすい

僕は髭脱毛をした初日に髭を引っ張ってみると、あんなに頑固だった髭がするりと抜けました。
効果があったと思われる髭はすべて抜けてくれたので、効果があったと初日に実感できました。

これは僕の脱毛後の口回りの画像です、青髭は消え、ツルツルです。


僕は髭がかなり太かったので、トリアのレーザーを集めやすかったようです。
(黒色は光を吸収すると、小学校の理科の授業で習いましたよね)
髭が濃い人ほど効果が強く現れます。

驚くほど簡単に抜けてくれますので、ここまで読んでくれた皆さんには髭脱毛をがんばってもらえたらなと思います。
トリアの購入はコチラから

何か分からない事、不安な事ががあったら僕にメールやTwitterで質問して頂ければと思います。
それでは髭脱毛、頑張ってみてください。